乳酸菌について

乳酸菌は健康にいい、摂取を続けたほうがいいといわれていますが、乳酸菌とはいったいどのようなものなのか、しっかりと知ってから摂取したいですよね。では乳酸菌とはどのようなものかをご紹介します。

乳酸菌は身近な菌

乳酸菌は、細菌のひとつです。ブドウ糖や乳糖などを分解して乳酸を作ります。実は、乳酸菌はとても身近な菌です。味噌や醤油など、発酵させて作るときには乳酸菌が必ず必要です。昔から、人間にとってはなくてはならないものだったのです。乳酸菌を利用した食品は、食品としての保存性が高まり長持ちする、乳酸菌を含んでいるから身体にいい、食品そのものの風味がよくなるというようなメリットがあります。
乳酸菌は食品や乳酸菌飲料、サプリメントなど外部から摂取する、というイメージがあると思いますが、実は人間の腸内にたくさんあるものです。ただし、人によって乳酸菌の量や質は違います。赤ちゃんのころは、乳酸菌とビフィズス菌がたっぷりなのですが、年齢を重ねると自然と量が減ってしまいます。生活の乱れやストレスなど、様々なことが影響してしまうからです。でも、腸は身体の健康を左右する大事な器官です。腸内細菌の乱れによって全身の健康を害してしまう恐れがある、というぐらい、腸内をいい状態で保てるかどうかが大事なのです。
年齢や体調によって減ってしまい、必要な量を満たしていないときには、体内にある乳酸菌を増やさなくてはいけません。食品やサプリメントなどから、身体に取り込む必要があります。

 

ビフィズス菌と乳酸菌は違うもの?

乳酸菌とビフィズス菌は同じもの、と認識している人が多いでしょう。でも、名前が違う以上、乳酸菌とビフィズス菌は違う菌です。
乳酸菌とビフィズス菌は、どちらも腸内の善玉菌、という意味では同じ分類となっています。また、主な働きとしては、整腸作用が期待できる、という意味でも同じです。では何が違うのかというと、その役目ですね。乳酸菌とビフィズス菌はともに乳酸を作り出す細菌ですが、乳酸菌は主にビフィズス菌のサポートをすることが大きな役目です。また、乳酸を作りだす働きは同じでも、ビフィズス菌は乳酸よりも多くの酢酸を作り出すので、その点がビフィズス菌と乳酸菌と大きな違いではないでしょうか。
乳酸菌とビフィズス菌は、どちらもバランスよく摂取することで、腸内で効率よく働いてくれます。乳酸菌を摂取するときは、ビフィズス菌も不足しないように補いましょう。

乳酸菌の働きについて

乳酸菌を摂取する前に、知っておきたいのが乳酸菌の働きです。どんな働きをしてくれるのか、きちんと知っておけば、摂取を始めてから自分の身体がどう変わったのか、感じやすくなります。乳酸菌の働きは一つだけではありません。いくつかご紹介します。

 

 

乳酸菌といえば便秘解消

乳酸菌の代表的な効果といえば、やはり便秘解消ではないでしょうか。便秘が続いているときに、ヨーグルトを食べるという人はとても多いですよね。そもそも便秘解消が期待できる理由とは、乳酸菌を摂取することで腸内環境が整う、という部分にあります。
本来、人間の腸内は善玉菌が優位の状態で、悪玉菌が活発に働くのを防いでいます。そして、腸内細菌の約7割を占めるといわれている日和見菌は、善玉菌の味方となって働いている状態が理想です。でも、その腸内細菌のバランスが乱れてしまうと、うまく腸が機能しなくなって便秘を引き起こしてしまいます。乳酸菌が腸内で善玉菌を増やすことによって、便秘解消効果が期待できるのです。
最近増えてきているという、過敏性腸症候群で悩む人にも、乳酸菌は効果的だといわれています。便秘だけではなく下痢症状もあるのが過敏性腸症候群の特徴ですが、腸内環境が整うと腸が落ち着いてくれます。もちろんその他にも気を付けるべきことはあるのですが、まずは乳酸菌の摂取で腸内を美しく変えていきましょう。

 

免疫力が整って健康になれる?

季節の変わり目にはいつも風邪をひく、少し無理をすると何だか不調を感じるというような人は、免疫力が弱っている可能性大です。免疫細胞を活発にしてくれる効果が期待できる乳酸菌もあります。とにかく免疫力が高まっていれば、体内に菌が入り込んでも、やっつけることができます。また過剰に反応しないようにもなるので、本当に必要な時だけ免疫細胞が働いてくれます。過剰に反応することで起きてしまうアレルギー症状の緩和にも役立つ、といわれています。

 

美容にもいい乳酸菌

乳酸菌=健康のためというイメージがありますが、もちろん美容にも効果が期待できます。乳酸菌を摂取することでダイエットができる、お肌がキレイになる、というような女性に嬉しい乳酸菌もあるでしょう。
乳酸菌だけで肌がキレイになって痩せられる…というわけではありませんが、体内に必要ない物を溜めこまないよう、腸をキレイにしてくれます。老廃物が身体の外に出ようとして発生してしまう吹き出物などは、乳酸菌を摂取することで身体の内側からケアできます。