乳酸菌の種類について

乳酸菌は、乳酸を作り出す細菌の総称です。乳酸菌の中にも、様々な種類があります。また、その種類によって期待できる効果も変わる、ということは知っているでしょうか。

 

植物性と動物性

乳酸菌の細かな分類を知る前に、分けて考えておきたいのが、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌です。たんぱく質にも植物性と動物性があるように、乳酸菌にもあります。人間は動物ですから、人間の腸内にある乳酸菌は動物性乳酸菌、ということになりますね。
では食品で考えてみると、植物性乳酸菌とは…醤油や味噌、納豆など、植物を原料として発酵させたものです。実はとても身近なところに乳酸菌がある、ということがわかりますね。反対に動物性乳酸菌とは…いわゆる乳酸菌のイメージがある、ヨーグルトやチーズなどです。乳酸菌を摂取しようとする際、動物性乳酸菌を思い浮かべる人が多いでしょう。
植物性と動物性にはどのような違いがあるのかというと、基本的に違いはありません。ただし、実は動物性よりも植物性のほうが、生きて腸まで届く確率が高い、といわれています。それはどうしてかというと、植物性乳酸菌のほうが、あらゆる試練に耐えてきたからです。動物性乳酸菌は試練が少なかった分、胃酸でやられてしまって腸までたどり着くまえに死滅してしまうので、そういう意味では動物性乳酸菌は頼りなく感じるかもしれませんね。
動物性乳酸菌は、乳製品が苦手な人にとって毎日摂取するのは大変ですが、植物性乳酸菌も取り入れてみてはどうでしょうか。日ごろから食べやすいものも多いですし、醤油などは調味料としてもよく使います。乳酸菌にも植物性と動物性があることを知って、取り入れてみましょう。

 

効果への期待によって違う乳酸菌の種類

乳酸菌の種類を決めるときに、一番に考えたいのが効果への期待です。乳酸菌を摂取してどうなりたいのか、何を改善したいのかを考えて選ぶと、自分にとって合った乳酸菌を選べると思います。
代表的な乳酸菌をいくつか挙げて考えてみましょう。まず、ラブレ菌という乳酸菌についてですが、これは植物性乳酸菌です。生命力が高いので腸まで届きやすい、といった特徴があり、乳酸を作りだして腸内環境を整え、免疫細胞を活発にするインターフェロンを活性化させるので、免疫力も高める効果が期待されています。
そしてもう一つ、カルピスが研究し開発をしたL-92乳酸菌は、アトピー性皮膚炎の人が摂取したところ、約90%の人に効果が確認された、という結果も出ています。

 

まだまだ様々な乳酸菌がありますが、たくさんの中から選びきれないときは、どんな効果が得られる乳酸菌かを確認した上で選んでみてはどうでしょうか。