乳酸菌とオリゴ糖

乳酸菌を摂取するとき、一緒に摂取したほうがいいものがいくつかあります。その中で代表的なものが、オリゴ糖ですね。乳酸菌とオリゴ糖はどうして一緒に摂取したほうがいい、といわれているのでしょうか。乳酸菌とオリゴ糖に関係についてご紹介します。

 

オリゴ糖とは?
オリゴ糖は糖類のひとつです。母乳で育つと病気になりにくい乳児が多い、ということから研究がされたことにより、発見されました。今でも、赤ちゃんは母乳で育てたほうがいい、なんていわれていますよね。その理由は、母乳の成分にあったのです。母乳にはビフィズス菌などがたくさん含まれていますが、その中の一つにオリゴ糖もあります。そのため、赤ちゃんの腸内を整えるために大切なのです。
オリゴ糖の役目は、大腸に到達したら善玉菌の餌となることです。でも善玉菌だけではなく悪玉菌の餌になってしまうのでは…といった心配もありますが、実は悪玉菌はオリゴ糖を餌としないため、腸内では善玉菌だけがオリゴ糖の栄養を独り占めできます。

オリゴ糖の種類について

オリゴ糖には、種類があります。
母乳に含まれているオリゴ糖は、ガラクトオリゴ糖といいます。ビフィズス菌を活発にすること以外にも、コレステロールを整えたり、たんぱく質の吸収を助けるといった、腸内で大きく働いてくれるオリゴ糖です。そしてもう一つ、ビフィズス菌の働きを活発にしてくれる、キシロオリゴ糖というものがあります。食物繊維を分解する働きもあります。
それ以外に、フラクトオリゴ糖と呼ばれていて砂糖に変わって甘味料となってくれるオリゴ糖もあります。ダイエットをしているときには、砂糖ではなく甘味料としてフラクトオリゴ糖を使うことで、摂取カロリーを抑えられます。
オリゴ糖にも種類があることを知って、どのオリゴ糖を摂取するといいのか、考えてみましょう。

 

乳酸菌と一緒に摂取しよう

腸内では善玉菌の餌となるため、乳酸菌を摂取するタイミングで一緒に摂取するのがおすすめです。そのほうがオリゴ糖も役目を果たせますし、乳酸菌にとっても心強い味方が出来たような状態で、とてもいい効果が期待できます。サプリメントなどでは乳酸菌にはオリゴ糖、というようにセットで配合されているものも多くなりました。食品で摂取するときは、乳酸菌以外にもオリゴ糖を含む食品を見つけましょう。食品ではなく、オリゴ糖として店頭で販売されています。粉タイプのものなら、さっとかけるだけ…など気軽に摂取できるようになっています。